« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

【PrimeVideo】映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

Kuresinn

クレヨンしんちゃんの映画でも名作に挙げられる本作。

先日、藤原啓治さんが逝去され

独身時代に一度見ておりますが

再度視聴しました。

見る立場によって印象が変わりますね(;´Д`)

いつの日か子ども生まれてから

また見たら違った感想になりそう…

野原ひろしの少年時代

家族を作るまでの回想シーン

は何度拝見しても目から汗が

(´;ω;`)ウゥゥ

この回想シーンはどんな立場でも

涙なくしての視聴

は無理だと思います。

( ノД`)シクシク…

もうあの渋い素敵な声を拝聴できないなんて、

江戸っ子しょんぼりです(⊃Д`。)

| | コメント (0)

【Switch】リベンジ・オブ・ジャスティス Aルート-暴君の贖罪-クリア

Roj01

THE コトブキ クオリティwww

外出自粛のお供で調達しましたが

18時間程度で

先ほどようやくクリアしました。

( ´Д`)=3 フゥ

あてにならない推奨Lv

に回復魔法ユニット移動後のコマンド不可、

回復を含めたアイテムの排除

攻撃とスキルでひたすら進めていく

粗削りな分、

難易度は

比較的高かったよう

に感じます。

(-_-;)

Roj02

マルチエンディグ仕様で

第10章までの行動・戦績

で分岐がされるようです。

Roj3

強くてニューゲームがあり、

カジュアルユーザ助かりますわー

登場ユニットが少なく、

どうしても

ジュヌヴィエーヴを中心とした部隊編成

でないとちょっとクリアできませんでした。

プレイのしやすさなら、

マーセナリーズのほうがお勧めかも。

周回プレイがんばるぞい!

| | コメント (0)

【YouTube】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

Q01

全く別の世界軸の話ですね(;´Д`)

正直、

何回みても理解ができていません…

破からの14年間についての説明があれ

ば理解できると思いますが…カヲル君と会ってから

の展開は、

最後のシ者を意識した展開

となっており見やすいです。

Q02

シンジ君のお母さんきれいだなぁ(*´Д`)ハァハァ

まわりの学友?に

混じる真希波マリ

右の女性にも注目ですね。(*´Д`)

| | コメント (0)

【YouTube】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

Ha01

当然、

我慢できず昨日寝る前に

半分くらいまで見てしました(;´Д`)

すーさんとは初日で都合合わせてみて

2回目はロマサガ先生と

渋谷の映画館で

立ち見

館内からのご厚意で座布団が配布された

面白い思い出が(-_-;)

加治さんがカッコイイのはもちろんのこと、

レイの

自我が徐々に目覚めていく様

が本当に面白いです。

S-DATのトラック27は

「新世紀エヴァンゲリオン」の26エピソードの別離ヲ暗示しているのでしょうか。

ここから違う世界軸やでぇ~

Ha02

47:46 頃でしょうか 

日本国へ密入国する真綾さん…

真希波さん

ぜひこのシーンは字幕ONでご覧ください。

シンジくんの思いのたけが垣間見えます(*´Д`)ハァハァ

江戸っ子も同じシーン

でしたら ごちそうさまです

同じ気持ちになれます

(*´Д`)ハァハァ

| | コメント (0)

【YouTube】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

Jyo1

いやー広告なしのノーカット版?

ありがとうございました(;´Д`)

日本中の電力を集結させるシーン

2発目の時間稼ぎで

レイが初号機を<<かばい続ける>>シーン

とか

鳥肌みのるものですね(*´Д`)

こういう

日本最高峰のコンテンツこそ

お金をとるべきでは??

もう13年も経つんですね(;´Д`) 

そりゃ江戸っ子もお嬢さまと結婚してますわ汗

6月のシンエヴァ公開延期は少し残念で、

25年以上アニメの師匠で同級生である

すーさんと一緒に見る気まんまんでしたが

この機会に改めて新劇場版に触れることができて幸せかなと

当時生まれていなかった方、物心ついていない方が

この作品を通じて

最高峰であり頂点のアニメ

「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ

に少しでも興味をもってもらええると

年寄としてはうれしいです(´;ω;`)ウゥゥ

Jyo2

土日で破Qですね(*´Д`)

| | コメント (0)

【PrimeVideo】天使の欲望

Amapla_tenshi

ん?

映像学科の生徒さんが作られた作品かなぁ

薄い内容に、

これでもかというくらいの欲張り要素。

40分の時間を返してください

(;´Д`)

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »