« [書籍]はじめての課長の教科書 | トップページ | [舞台]ネタばれ・辻仁成「海峡の光」 »

[書籍]それでも僕は夢を見る

[書籍]それでも僕は夢を見る

さくっと5分位で読める内容です。

夢についてのパラパラ漫画ですね( ´ー`)フゥー...

夢というよりも理想のことかなと

第-志望の大学に落ちた?希望の仕事につけなかった?

なんか、かなわなくて家でぐったりしている絵がありますが…

(´ε`;)ウーン…

全部、それを叶えるのに

自分の努力が足りなかったのではと思いますが。

たしかに江戸っ子も第一志望の大学にもいけなかったし

希望の仕事にもついていません…

だからこそ、

置かれた環境で自分のパフォーマンスを

発揮して

少しでも

自分の理想に近づければよいのでは?

100%自分も思い通りにならないからこそ

そのギャップが

今後のインプットになったりすると思いますが。

と思いますが…

第一志望の大学に行かなかったことにより、はじめはたしかに

凹みましたが

余裕をもった単位取得により

空いた時間でマスコミの仕事(放送、脚本、新聞、出版、広告)

もできたし法人立ち上げもできました。(みなさんご存知の新興企業の原型です)

大学内の学科カリキュラムを2年で変えて、

4年生時には授業を担当

することができました。(大学からお給料も頂いていました)

あまりにも江戸っ子の考えが突飛で

堅物の教授陣を説得するのに苦労しましたが

けっして

自分から行動を起こさなければ

味わえなかった経験ができています。

正直、この作品を読んで

よしそれでもがんばろうとは

微塵も感じませんでしたね。

叶えたかったら自分から行動をおこす、この姿勢は今後も貫きますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

|

« [書籍]はじめての課長の教科書 | トップページ | [舞台]ネタばれ・辻仁成「海峡の光」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [書籍]はじめての課長の教科書 | トップページ | [舞台]ネタばれ・辻仁成「海峡の光」 »